食べることが大好きだから

私は美味しいものを食べるのが好きで美味しいものを食べることがストレス解消になるんです。だから太りやすいんですね・・・。新鮮な野菜や肉を見ると目が釘付けになっちゃうし、美味しそうな料理のニオイを嗅いだだけでお腹がグーグー鳴ってしまうんです。

昔から食いしん坊だったから体格はいいですよ~。良く育ったと両親からも言われます・・・。とにかく食べ物に弱くてそのため太りやすいことが分かっているのでサウナに通っています。サウナに入って汗を出し、水分を補給してから水風呂に入るのを何回も繰り返します。

初めはサウナの中にいるのが苦しくて修行のようでした。それにサウナの常連さんが「サウナに入ったからといって痩せないよね~」という話をしているのを聞いてしまって、このままサウナ通いしていてもお金のムダなんじゃないか・・・と思いました。

でも、食べることをやめられないのでサウナ通いを続けています。水分補給は水にしています。

夏にお勧めの家ランチ

もうすぐ暑い夏がやってきますね。
お昼時に家にいる際にも、手軽に食事を作って食べたいものですよね。
今回は夏にお勧めの家ランチについてお話したいと思います。

・簡単冷やし中華
ハム、きゅうり、カニかま、茹で玉子のみを乗せる冷やし中華は、簡単にしかも手軽にできる1品です。
あまり火を使わずに作れるので、暑い日にはとても助かります。

・サラダうどん
茹でたうどんの上にレタス、きゅうり、トマト、ハム、シーチキンをのせるだけの簡単料理もお勧めです。
こちらも生のうどんを買ってくると、お湯をささっとまぶすだけでうどんもゆで上がるので簡単です。
あとは野菜を沢山入れると野菜不足解消にもなるので、お勧めです。
こちらもほとんど火を使わずに作れる1品です。

・キムチ納豆丼
ご飯の上に納豆とキムチを乗せるだけの簡単丼です。
最後に生卵をのせても美味しいかもしれません。
火も手間もお金もかからないので、お勧めです。

以上、夏にお勧めの家ランチについてお話ししました。
夏にお家ランチをされる方は是非参考にしてみて下さいね!

最近はトマトソースパスタにはまってしまった

好きな食べ物を見つけると、ずっとその食べ物を食べ続ける習慣があるおかげで、最近はずっとトマトソースパスタを食べ続けています。

トマトソースが大好きで、トマトソースを食べるためにパスタを食べています。自分でも、変わった習慣だとは思いつつも、自宅では毎食のように食べています。
この習慣を続ける上で、とても助かっていることはイタリアン料理がとても世間でポピュラーであることです。たとえ外食に行くとしても、必ず、イタリア料理屋さんを見つけることができます。

外食で食べるトマトソースパスタは、お店が変われば味が全然違いますが、自宅ではいつも同じです。同じブランドの同じ商品を購入しているからです。ずっと食べ続けると想定して、大量に購入してあったので当分はトマトソースの心配はしなくても良さそうです。

私が同じ物を食べ続けることに対して、友人は当初は不思議がっていましたが、今となってはだんだんと慣れてきたようです。というのも、一緒にイタリア料理屋さんに入って、私がトマトソースパスタを頼むと、「やっぱり」と微笑んでいたからです。私の習慣として、すっかりおなじみになったみたいです。

外食の楽しみについて

皆さんは普段、外食はどのくらいしているのでしょうか?
一人暮らしや家族がいる人、学生や会社員など、その環境によって異なるのだと思います。

私は家族で暮らしていて、自分は家計を預かっているので、
やはりなかなか外食は行けないのが現状です。
外食は月に一、二回くらいというふうに家族でルールを決めています。
普段は私が食事作りをしているのです。

でも、家族の記念日があったときには外食をしたりするのですが、
普段あまりいけないので、その分思い出になったりしますね。
会話も弾んで、とても楽しいですし、おいしいものも食べれて、とても幸せです。

外食のありがたみを知ることができるのです。
外食をすると、人が作ってくれたものってこんなにおいしいんだ、と感動してしまいます。
主婦になってからは人の作ったものは食べる機会が外食くらいしかありません。

こういったことから、外食はとても楽しくて、わくわくするものだなと大人になってからより感じるようになりました。

飯うま嫁になるために

実家暮らしで母親がすべて料理していて自分で弁当すら作らなかった私が結婚して一番困ったもの…それは料理です。
カレーや○○の素などそれ通りに作ればいいものはいいけれどそればかりだと味気ない?と思って野菜炒めやスープなども作っていると夫には不評。

「まずいわけではないけどうまくもない。」とのお言葉を毎回いただくので見返してやりたいと思うように。

で、料理本も買いましたが節約もしたいのにいちいちレシピ通りに食材買っていたら破産してしまうわ!と思い友人に聞いたのがレシピサイトの存在。
家にある食材を選択するとそれにあったお勧めレシピを教えてくれるというすごいやつ。

さっそく家にあった野菜や肉などでレシピ検索すると大量に白菜レシピが。とりあえず1番人気のレシピで夕飯作成。待ってろ夫。

夫が帰宅すると「お、いい匂い!」と早速いい感じなようす。

夕飯時一口食べた瞬間に「おいしい!お前が作ったのこれ!」と感動して食べる夫にガッツポーズの私。
それからというもの自己流やなんとなく料理はやめてレシピサイトに頼っています。

最近の趣味はパン作り!

ヒマな時にお菓子を作ろうと思い、レシピを探していると、初心者でも簡単パン作りのレシピを見つけました!

自分でパンを作ったのは小学生の頃、授業で作ったことだけでした。発酵!?ドライイースト!?何もかもが分からず、初心者の私にも本当にパンが作れるのかなぁ?と思いながらも、すぐに材料を買いに行って、作ってみました。

レシピを見るととても簡単で、その通りに作ってみると発酵ではうまく膨らまなかったのですが、初めてだし…失敗しても仕方がない!と思い、焼いてみました。焼くまでの時間もあっというまで、コネたり、作業が楽しく、焼き上がりが楽しみになりました。

出来上がりはふっくら!ふわふわ!手作りパンの良い香り!味も美味しく、大成功でした!

それからは、発酵の難しさや失敗も含めてパン作りにハマってしまいました!パン作りにハマリ、教室に通う人の気持ちがわかりました。塩パンを作ったり、ウインナーを入れてみたり、色んな種類のパンが簡単に美味しく作れて、今では毎日のように作っています!

作り置きレシピ

「作り置きレシピ」とはその名の通り、一度作れば数日間冷蔵庫で保管が可能な料理のこと。別名「常備菜」とも呼ばれています。

毎日の忙しい生活の中でも外食やコンビニやスーパーのお総菜に手を出すことなく、「自分で作った料理を食べたい」という人に人気です。

作り置きレシピを作るうえでいくつかのポイントがあります。それは、「出来立て」「作りたて」を食べるわけではないのでちょっとした工夫が必要になります。

例えば、味は「濃い目」に作っておくとか。塩分を少し多めに使用することで保存するうえでもメリットがあるんですよ。次に、梅干しやお酢などを活用して殺菌作用を高めることです。冷蔵庫で保存するとはいえ、日数がたつにつれて菌が繁殖する可能性もできてくるので、こうした調味料の使用するのがポイントです。ショウガやワサビもおすすめです。

さらには、「火をしっかりと通すこと」です。生焼けは腐敗を進みやすくなったりするので注意です。

時間があるときに「作り置きレシピ」を実践することにより健康や美容にも良いほか、食費の節約にもつながりますよ。

糖質制限中でも楽しく料理

最近「糖質制限」を意識した食事をするようになってきました。残念ながら完全に糖質を抜く勇気はないので、あくまでも「意識している」という程度です。ダイエットして体への負担を減らすのが主な目的です。糖質を含む食材をなるべく避けたうえでおなかいっぱいになりそうなメニューを考えるのは楽しみでもあります。

私が作った中で最もおいしかったのは、「つなぎ」なしの牛肉100パーセントハンバーグです。ハンバーグそのものだけではなく、ソースにも糖質を含まない調味料をするなどして工夫をしました。ジューシーで歯ざわりや肉の味がよく、とてもおいしかったです。

ダイエットというと、どうしても食事が偏りがちになるものです。
しかし栄養のバランスを考えながら効率よく体重を減らしたいと考えています。
炭水化物も多少は食べているので成果が出るまでには時間がかかるかもしれませんが、あきらめず体重が落ちるまで、糖質を意識した食事を続けてみるつもりです。

レシピ本について

私が今、考えていることはレシピ本についてです。
皆さんは、レシピ本を何冊くらい持っているのでしょうか?

私は、自分で料理を作るようになってから、
最初のうちに10冊以上和食や洋食、中華やお弁当についてなどのレシピ本を購入しました。
そして、それらのレシピ本は10年以上たった今でも捨てずに、むしろ毎日のように使っています。

もはや料理のそばで読んでいるので、油が飛んだり水でぬれたりしていて、
若干汚れています。
こういうときって、みすぼらしいから捨てる人もいるのだろうなと思いながら、熟読しています。
愛用品になっているくらいです。

でも、たまに新しいレシピ本がほしいなと思ったりもするのです。
かといって、今ある10冊以上のレシピ本で十分事足りますし、さらにはネットでクックパッドなどで
たくさん調べることができるので、それで十分なのかもしれないと思ったりもします。

本屋さんに行くと、レシピ本をついつい見てしまいほしくなってしまうのは、罠ですね。

毎日お豆腐生活

お豆腐が大好きです。お豆腐って素晴らしい食品だと思います。そのまま食べてもよし、煮てよし、焼いてよし、サラダにも、鍋にも、揚げ物にも…。
すごく万能な食品ですよね。どんな食材の隣にいても、邪魔はしない。引き立て役のようでいて、そのくせおいしい。
我が家では、一日3食のうちの、必ずどこかに出没しているといっても過言ではありません。
出会いは何年も前のことです。昔からお豆腐は好きなほうでしたが、顔にできた吹き出物が気になりだした頃、美肌になりたいという気持ちから、豆乳にはまった時期がありました。それから、無理して飲料を摂取するくらいなら食べるほうがたやすいと思い、お豆腐を積極的に摂取しています。当時、顔にできた吹き出物の中でも、おでこにできることが多く、聞けば、おでこの吹き出物は胃腸の弱っているときにできやすいのだそうです。そこへお豆腐投入、お豆腐の原料の大豆の、大豆イソフラボンは、良質なたんぱく質が含まれており、ホルモンバランスを正常にする効果や、消化吸収をよくする働きで弱った胃腸を助けることもできるのだとか。お豆腐、すごい。
それ以来、お豆腐は手放せません。今日も元気にお豆腐料理です。